頭皮クレンジングで臭いが激減!おすすめオイルと正しい手順 | オヤジ女子研究所

MENU

頭皮クレンジングで臭いが激減!おすすめオイルと正しい手順

頭皮が臭い時、汚れを落とすのに最適な方法だと言われているのが、今話題のオイルクレンジング。

 

シャンプーなどで洗いすぎて傷んでしまった頭皮でも、オイルクレンジングであれば潤いを与えながら、不要な汚れをゴッソリ落とすことができます。

 

「油でほんとに汚れが落ちるの?」と思うかもしれませんが、頭皮の汚れは「皮脂汚れ」です。顔のメイク汚れのように、油と脂が混ざり合うという性質によって、頭皮の汚れを浮き上がらせてくれるのです。

 

しかも、市販で売っているオイルでも簡単に行うことができるので、美容室でヘッドスパをやってもらう時間もお金もない!という人にもおすすめの方法です。

頭皮のクレンジングに使えるオイルの種類は?

頭皮のクレンジングに使えるオイルの種類は? | オヤジ女子研究所 | 頭皮の臭いにいいシャンプー

 

頭皮の臭い対策として頭皮クレンジングをする場合は、

 

  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • アルガンオイル
  • スクワランオイル
  • 椿油

 

この辺りがおすすめです。オリーブオイルを使用する場合は、エキストラバージンオリーブオイルがおすすめです。その他のオイルを使用する時にも、肌に使うものは基本的にピュアオイルを選択しましょう。

頭皮のオイルクレンジング前に用意するもの

  • ブラシ(ブラッシング用)
  • オイル
  • タオル

 

こちらの3つを用意しておきましょう。
では早速、やり方をご説明します。

 

頭皮オイルクレンジングのやり方

 

1.ブラッシング

 

頭皮オイルクレンジングのやり方 | オヤジ女子研究所 | 頭皮の臭いにいいシャンプー

 

まずオイルクレンジングを行う前に、髪の毛をよくブラッシングしましょう。ブラシは目の細いコームや、ブローする時に使うロールブラシなどではなく、普通のブラシを使ってください。

 

髪の毛は自分が思っているよりも汚れており、ブラッシングをするとほこりやフケが出てきます。また、髪の毛を洗う前に抜けた毛もブラシにかなりついてくるはずです。

 

また、ブラッシングすることによって頭皮の血行が促進され、マッサージ効果も期待できます。ブラッシングをやるのとやらないのとでは、この後のオイルクレンジングの効果の出方がかなり変わりますので、入念に行いましょう。

 

2.乾いた頭皮にオイルをなじませる

 

乾いた頭皮にオイルをなじませる | オヤジ女子研究所 | 頭皮の臭いにいいシャンプー

 

オイルを適量手に取ります。手に取ったオイルを髪の毛ではなく、頭皮につけましょう。この時髪の毛はまだ濡らさずに、乾いた状態で行ってください。

 

3.汚れを浮かせるようにマッサージ

 

爪を立てないように注意しながら、指の腹でやさしくマッサージをします。リフトアップをイメージして、軽く指圧しながら揉みほぐしましょう。

 

4.濡れたタオルでくるんで蒸らす

 

お湯で濡らしたタオルで頭全体を包み、3分〜5分程度お風呂につかります。ゆっくり湯船に浸かることで毛穴を開かせ、オイルを十分に頭皮になじませます。こうすることで血行が促進され、蓄積汚れがさらに落ちやすくなります。
シャワーだけの場合はこの工程を飛ばしても構いませんが、汗をかきづらい冬の頭皮の臭い対策の場合などは、蒸らし工程を加えるのが効果的です。

 

5.お湯で乳化させてから洗い流す

 

頭皮全体にオイルがなじんだら、洗い流していきます。この時、お湯は顔のクレンジングの時のように、少しずつ加えてオイルを乳化させましょう。汚れが浮き上がってきたら、しっかりとお湯ですすいでください。

 

6.通常通りシャンプーを行う

 

オイルクレンジング後は、通常通りシャンプー&トリートメントを行います。いつものシャンプーよりも、頭皮の臭いがスッキリしますよ。

 

 

頭皮が臭い時にはどのくらいの頻度でオイルクレンジングをしたらいいの?

頭皮が臭い時にはどのくらいの頻度でオイルクレンジングをしたらいいの? | オヤジ女子研究所 | 頭皮の臭いにいいシャンプー

 

そもそもオイルクレンジングとは、通常のシャンプーでは取りきれない汚れを落とす目的で行うので、頻度としては週に1〜2回程度がおすすめです。

 

それ以外は、正しいシャンプーを毎日行うことができていれば、そんなにひどい汚れが蓄積されることはありません。

 

やりすぎると逆効果になりますので、普段は正しいシャンプーの仕方をこころがけましょう。

 

 

>>正しいシャンプーの仕方はこちら